大学入試のための受験勉強は、夏休みが合否を分けるとよくいわれていますが、これは本当なのでしょうか? 志望大学の難易度や受験生の学習レベルにもよりますが、夏休みの過ごし方によって合格不合格が決まってしまうことも少なくありません。 冬休みというのは受験直前ですから、ほとんどの受験生が真剣に勉強するものです。 でも、夏休みはまだ受験に対して本腰を入れていない受験生も多く、最後の夏休みだからとか、暑いからなんて言い訳をして、つい遊んでしまう人もいます。 夏休みの間に、自分の現在の学習レベルと志望大学の合格に必要な学力レベルの差を確認し、それを埋めるべく学習スケジュールを立てて、受験勉強に取り組んだ人とただ遊んでいた人では、大きな差が出ますよね。 また、夏休み中に基礎的なことを終わらせていれば、秋からは応用的な学習やより実践的な学習に取り組めるでしょう。 夏休み明け、周囲が受験生モードになっているのに気がついて、慌てて受験勉強に取りかかってもライバル達に追いつくのは難しいかもしれません。 逆に言えば、夏休み中に真剣に受験勉強に取り組んでいれば、それだけ他の受験生との差がつけられるわけです。 高校最後の夏休みをぜひ有意義なものにしてくださいね。